地元の魅力Map


2018年7月 ほほえましい光景


大正橋近く、家の畑にたぬきカップル観ました、最近ちょくちょく出たのですが長い時間動かずにいたので写真撮りました。NHK「さわやか自然百景」飯能市の「名栗渓谷」放映された場所に近いので関連のたぬきかな?


 

新たに探るタタラ場の痕跡

 

飯能の地名と神社名から、かつてここに「タタラ場」が確実に存在したことを物語っている


房ヶ谷戸神社祭典・鶴鳴館改修


原市場が生んだ偉人 山川兄弟:総集編


飯能市郷土館様より、下記コメントをいただきました。貴重な資料を当ホームページにご提供いただき、御礼申し上げます。今後の貴館の活動が飯能市の文化・風土浸透につながることを祈念いたします。

【以下、郷土館様より】

「全六回にわたって山川家文書を中心に古文書や目録についてご紹介させていただきました。この連載を通して古文書や目録、そして地域の歴史を少しでも身近なものとして感じていただけましたら幸いです。
最後になりましたが、連載を快く快諾してくださった原市場東自治会のみなさまに、心より感謝申し上げます。」

 

ダウンロード
原市場が生んだ偉人 山川兄弟①.pdf
PDFファイル 163.4 KB
ダウンロード
原市場が生んだ偉人 山川兄弟②.pdf
PDFファイル 165.1 KB
ダウンロード
原市場が生んだ偉人 山川兄弟③.pdf
PDFファイル 167.6 KB
ダウンロード
原市場が生んだ偉人 山川兄弟④.pdf
PDFファイル 136.1 KB

番外編として、収蔵資料目録についてのお話と目録の活用方法についてご紹介いただきました。

ダウンロード
原市場が生んだ偉人 番外編(前編).pdf
PDFファイル 192.8 KB
ダウンロード
原市場が生んだ偉人 番外編(後編).pdf
PDFファイル 243.4 KB
ダウンロード
番外編別紙資料①.pdf
PDFファイル 197.2 KB
ダウンロード
番外編別紙資料②.pdf
PDFファイル 568.6 KB


平成29年度 原市場地区文化祭


原市場が生んだ偉人 山川兄弟:番外編(前篇)

最後は 番外編として 、 収蔵資料目録についてのお話 をお届けいたします 。

二回に分けてお届けしますので、当館刊行物についてのご理解をお願いいたします。

ダウンロード
原市場が生んだ偉人 番外編(前編).pdf
PDFファイル 189.5 KB

原市場が生んだ偉人 山川兄弟:第四回

第三回では、義太郎が帝国大学工科助教授を務めていた明治20年代を中心にしまたが、第四回ではそれ以降の義太郎について、とりあげます 。
残念ながら、山川家文書の中には、明治山川家文書の中には、明治27年より後の史料がほとんど見られません。そこで今回は、帝国大学や義太郎が所属していた会に関する周辺史料を中心に探っていきたいと思います。

ダウンロード
原市場が生んだ偉人 山川兄弟④.pdf
PDFファイル 134.8 KB

原市場が生んだ偉人 山川兄弟:第三回

今回は、義太郎が帝国大学工科大学助教授を務めていた明治20年代を中心としたお話です。

ダウンロード
原市場が生んだ偉人 山川兄弟③.pdf
PDFファイル 161.2 KB

ダウンロード
語源について・・・第九回
前回に続き生活のなかに密着した言葉を中心に、言葉の知識を豊かにする。
語源について第9回.pdf
PDFファイル 107.2 KB

原市場が生んだ偉人 山川兄弟:第一回、第二回

【飯能市郷土館編纂】

飯能市郷土館にて2015年末に7冊目の収蔵資料目録として、原市場地区の3つの家の史料群の目録が刊行されましたが、そのうちの1つが下赤工の山川義太郎博士の家になります。目録には解題といって、その家の文書からわかることがまとめられております。残念ながら旧下赤工村の村の様子がわかる資料は決して多くありませんが、山川義太郎博士の人となり、またその家族間のやりとりの中から地域の様子が見えてくるものもあります。
そこで本シリーズは「原市場が生んだ偉人、山川兄弟」と題し、主に収蔵資料目録の成果から、長男 義太郎をメインに山川兄弟の足跡の一端を四回に分けて明らかにしていきたいと思います。
第一回「山川家文書と山川家の系譜 」
第二回「山川家の人々」
第三回「助教授時代の生活」
第四回「工学博士山川義太郎」

番外編「古文書が語る郷土の歴史」

ダウンロード
原市場が生んだ偉人 山川兄弟 第一回「山川家文書と山川家の系譜」
原市場が生んだ偉人 山川兄弟①.pdf
PDFファイル 163.4 KB
ダウンロード
原市場が生んだ偉人 山川兄弟 第二回「山川家の人々」
原市場が生んだ偉人 山川兄弟②.pdf
PDFファイル 165.1 KB

ダウンロード
語源について・・・第八回
前回に続き生活のなかに密着した言葉を中心にまとめました。
語源について第8回.pdf
PDFファイル 97.9 KB

ダウンロード
武州世直し一揆百五十周年記念集会
今からちょうど150年前の慶応2年(1866年)6月に蜂起された「武州世直し一揆」に寄せて。
武州世直し一揆 百五十周年記念集会.pdf
PDFファイル 169.2 KB
ダウンロード
語源について・・・第七回
前回に続き、生活に密着した言葉を取り上げます。。
語源について第7回.pdf
PDFファイル 96.9 KB
ダウンロード
語源について・・・第六回
ご好評いただいている語源シリーズ第六弾です。
語源について第6回.pdf
PDFファイル 116.0 KB
ダウンロード
語源について・・・第五回
前回に続き生活のなかに密着した言葉を中心に、語源について言葉を洗い出す。
語源について第5回.pdf
PDFファイル 123.2 KB
ダウンロード
語源について・・・第四回
生活のなかに密着した言葉を中心に、語源のなりたちをあきらかにし、言葉の魅力をまとめました。
語源について第4回.pdf
PDFファイル 189.3 KB
ダウンロード
語源について・・・第三回
しのぎ、おすそわけ、もどき、・・・・・
語源について第3回.pdf
PDFファイル 105.4 KB
ダウンロード
語源について・・・第二回
よく使っている言葉を取り上げました。使い方を再確認できますので、お時間のある時にじっくりお読みください。
語源について第2回.pdf
PDFファイル 112.2 KB
ダウンロード
語源について・・・第一回
私たちが何気なく使っている日常の言葉についてフォーカスしてみました。
ちょっとした教養知識になると思います。
語源について第1回.pdf
PDFファイル 156.9 KB
ダウンロード
原市場の地名: 第5回
原市場の名は、市場が開かれたことからおこっている・・・ それ以外に「曲竹」「赤工」の由来は?
飯能市原市場の地名について第五回.pdf
PDFファイル 113.6 KB
ダウンロード
原市場の地名: 第4回
飯能市史の通史編から、徳川支配の時代の原市場に関する記載を拾い出しました。
飯能市原市場の地名について 4回.pdf
PDFファイル 139.3 KB
ダウンロード
原市場の地名: 第3回
地名シリーズの三回目です。ダブル話もありますが、地名と歴史との関連を含めて調べてみました。
飯能市原市場の地名について.pdf
PDFファイル 112.9 KB
ダウンロード
原市場の地名: 第2回
名栗川なのか?入間川なのか?その他、今さら聞けないミニ知識をまとめてみました。
原市場地区地名第2回.pdf
PDFファイル 133.3 KB
ダウンロード
原市場の地名: 第1回
房(棒)ヶ谷戸を例にとって色々調べてみました。
地元の魅力原市場の地名 第1回.pdf
PDFファイル 124.6 KB
ダウンロード
「タタラ場」の痕跡 その7
タタラ場の痕跡を求めて-2.pdf
PDFファイル 104.3 KB
ダウンロード
「タタラ場」の痕跡 その6
タタラ場の痕跡を求めて-1.pdf
PDFファイル 95.9 KB
ダウンロード
原市場地区の方言シリーズ 第六回:最終回
地元の魅力 第六回.pdf
PDFファイル 118.6 KB
ダウンロード
原市場地区の方言シリーズ 第五回
地元の魅力 第五回.pdf
PDFファイル 213.3 KB
ダウンロード
原市場地区の方言シリーズ 第四回
地元の魅力(方言について) 第四回.pdf
PDFファイル 289.5 KB
ダウンロード
原市場地区の方言シリーズ 第三回
地元の魅力 (方言について)第三回 3.pdf
PDFファイル 117.4 KB
ダウンロード
原市場地区の方言シリーズ 第二回(第一回合作)
地元の魅力 (方言について)第二回.pdf
PDFファイル 117.1 KB
ダウンロード
原市場地区の方言シリーズ 第一回
東京のど真ん中で原市場の方言を耳にした時のなんとも言えない嬉しさ・・・
方言は生まれ育った人にとって、故郷を思い出させキュンとさせる力を持っています。
故郷を離れる人が多い中で、これからは方言がリターンラッシュの引き金になるかも・・・
地元の魅力 (方言について)第一回.pdf
PDFファイル 84.3 KB
ダウンロード
「タタラ場」の痕跡 その5
地名による名栗川上流部のタタラ場の痕跡
穴沢の穴は砂鉄を掘り出した鉄穴のことで、ホーデ久保は飯能市の阿須(アズは古代語で鉄のことを意味する)
地名の鍛冶屋橋や鍛冶ケ原は、まさに、その地名の周辺には鍛冶に携わる人達が多数集って、それを生業にして生活を織り成していたことを示している。
地名による名栗川上流部のタタラ場の痕跡.pdf
PDFファイル 260.8 KB
ダウンロード
地元に咲く花 曼珠沙華
この時期、原市場東のあちこちに彼岸花が咲き乱れて季節を感じさせる風景が見事です。
地元に咲く花 曼珠沙華.pdf
PDFファイル 628.0 KB
ダウンロード
貴重な資料が見つかりました。ぜひご一読ください。
飯能の清流と川魚.pdf
PDFファイル 1.1 MB
ダウンロード
「タタラ場」の痕跡 その4
地名というものは そこにかつて住んでいた人達の生活や文化を色濃く物語っている。
飯能の地名から見たタタラ場の痕跡.pdf
PDFファイル 214.2 KB
ダウンロード
ザバミの自然 珍しい植物と動物
ザバミの自然の中で名前がわからない植物と小動物を見る事が出来ました。名前を教えてください。
ザバミの自然 植物と動物.pdf
PDFファイル 1.3 MB
ダウンロード
地元に咲くゆりの花
ユリ根を植え付けてから4年、毎年植え替える手間を掛け、
ようやく綺麗な花が見られるようになりました。
地元に咲く花の中では、桜やボタンにまけない美しさです。
6月に掲載されたゆりは珍しい品種が多くあり見応えありました。
地元に咲く花 ゆり7.pdf
PDFファイル 623.6 KB
ダウンロード
「タタラ場」の痕跡 その3
「タタラ場」の痕跡シリーズ 第3弾です。
前号、前々号と併せてお読みください。だんだん歴史の魅力にはまってきますよ。(^^)

飯能市エコツアー「原市場地区の鉄文化を訪ねて」で
原市場地区の歴史と鉄文化があった痕跡などを紹介しました。
上赤工の畑中にある「古歌」の扁額と赤沢の星の宮神社にある巨大な絵馬とは
この地にタタラ場が存在した確実な証拠である…
 
タタラ場の痕跡 その3.pdf
PDFファイル 156.2 KB
ダウンロード
地元に咲く花 6月~7月初旬
 この時期に咲く花は、ユリ(百合)とダリアなど種類と個性のある花が多くある。近辺で開花した花々を見てみると、育てている種類の多さに驚くと共に、美しさに感銘を受け、写真撮影してみました。「四季の写真」には6月末~7月頭に撮った地元の花を載せてあります。そちらもご覧ください。
地元に咲く花6月~7月初旬.pdf
PDFファイル 200.7 KB
ダウンロード
コジュケイが自宅前の畑にて親子連れで餌をついばむ姿を見る事 が出来ました
地元の魅力 野鳥 2.pdf
PDFファイル 417.8 KB
ダウンロード
飯能市と埼玉県の、花・木・鳥
地元の花・木・鳥は何か、ご存知ですか?
ここでは、飯能市と埼玉県の花・木・鳥を写真付きでご紹介します。
お知り合いの方にも教えてあげてください。
飯能市と埼玉県の花,木、鳥.pdf
PDFファイル 1.5 MB
ダウンロード
「タタラ場」の痕跡その2: 房ヶ谷戸地区に金属の精錬や鍛造の神を祀った神社が・・・
前回は地名からの痕跡を説いたが、今回は房ヶ谷戸地区の「五社神社」に、更なる「タタラ場」の痕跡を見る。
タタラ場があった更なる痕跡.pdf
PDFファイル 90.1 KB
ダウンロード
飯能市エコツアー「原市場地区の鉄文化を訪ねて」
 飯能の原市場地区には、鉄の文化をうかがわせる地名やそれらにまつわる
形跡が残されています。地区を散策しながら、鉄から見た原市場地区の歴史を
ガイドと一緒にひもときましょう!
原市場の鉄文化を訪ねて.pdf
PDFファイル 1.4 MB
ダウンロード
飯能市史 資料編 地名・姓氏から資料抜粋
原市場東地区に関連する地名の資料がありましたので抜粋します。
難解な言葉がたくさんあって読みづらいとは思いますが、辞典などを片手に地元に関係する知識を楽しんでください。
地元の魅力飯能市原市場東関連の地名を抜粋.pdf
PDFファイル 219.1 KB
ダウンロード
地名に残るタタラ場の痕跡
「赤工」「金山」「聖天淵」という地名はここに、かつて「タタラ場」というものがあったということを雄弁に物語っている。掲載本文は原市場東自治会 房ヶ谷戸地区に住まわれている、戸谷様の著書を使用させて頂きました。
地名に残るタタラ場の痕跡 改定.pdf
PDFファイル 206.1 KB
ダウンロード
地元の歴史や風土記について
地元の魅力 改定.pdf
PDFファイル 1.4 MB

原市場東地域 全体Map