原市場東自治会について

原市場東自治会は、飯能市全体の中でちょうど真ん中に位置する地域です。

入間川に沿って、西から東に「金山地区」「房ヶ谷戸地区」「曲竹地区」と、3つの地区から構成されており、東西約3㎞と非常に細長い地域となっています。約200世帯が当自治会に加入されています。

当自治会では地区にそれぞれ一つの集会所をもって、自治会活動での集会・活動拠点として、また、地区ごとの行事のために使われています。

原市場東自治会の特色

【自然】

   川に沿った地域ということで、趣のある景観に恵まれた場所が多く、川遊びで賑わう。

   夏場には天然のホタルが飛び交い、風情を満喫できる場所が多い。

   花/植物/田畑に適した土壌で季節ごとの風情に恵まれている。     ⇒ 四季の写真

【歴史】

   金亀館、西光寺、聖天渕、歓喜天など、歴史を感じさせるミステリアスな痕跡が見受けられる。

⇒ 地元の魅力Map

【昔の人々】

   温和、自然な近所づきあい、あげたりもらったり、縁側で長話、働き者

   見返りを求めない、おせっかい